肌にいい化粧品の選び方!敏感肌のスキンケアで覚えておくこと


40代になるとシミ、シワ、たるみなどの年齢肌悩みが深刻化し始めると同時に肌が敏感に傾きやすく、乾燥敏感肌になることも多いものです。年齢肌にはいくら効果が高くても刺激の強い成分はNG!敏感肌にも使える低刺激の化粧品を選び、適切にケアして行くことが大切です。

敏感肌のケアは「保湿」を重視!

敏感肌は肌のバリア機能が低下して、外部刺激に弱くなっている状態。肌に充分な潤いを与えて、バリア機能を高めると同時に、細胞を活性化するスキンケアを心がけましょう。三大美容成分と呼ばれるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを始め、与えた潤いを肌にため込む力のあるセラミドや、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体などの成分を配合した肌にいい化粧品を選ぶことがポイントです。

エイジングケアは美容液・乳液も大切

肌に潤いを与えるために化粧水を重視すべきことはもちろんですが、特にエイジングケア世代では、美容液や乳液などスキンケアアイテム全てに気を使いたいですね。と言っても、高価な化粧品を選ぶと言う意味ではなく、毎日のスキンケアに使えるコスパのよい化粧品を選ぶことも大切です。

化粧品は何度か使ったからと言って劇的に効果があるものではなく、使い続けるうちに肌を健やかな状態に導いてくれるものです。トライアルセットで肌との相性を確認した後は、じっくり時間をかけてスキンケアを続けることが必要になります。

肌にいい化粧品選びのポイントは?

肌にいい化粧品は使用ステップがシンプルで、肌に必要以上の摩擦を与えないことも大切。1.配合成分 2.浸透力を高める工夫 3.使用ステップや使用感 4.コスパ などで総合的に判断して選ぶのがおすすめです。

加齢性敏感肌に優しい日焼け止めの選び方

加齢性敏感肌とは年齢とともに肌の働きが低下するために起こる敏感肌のことで、40代を過ぎてから肌が乾燥しやすくなった、敏感になったという人は注意が必要です。加齢性敏感肌にいい化粧品を使うことは肌の健康を守るだけでなく老化のスピードを遅らせる大切な意味もあります。 魅力的なアンチエイジング化粧品がどんどん増えていますので、つい効果だけが気になって肌との相性を考えずに購入してしまう場合があ

続きを読む

敏感肌でもアンチエイジングできる?秘訣をご紹介!

年齢肌が気になる40代以降は毎日使う化粧品に満足できないと、スキンケア自体がストレスになってしまいます。ホルモン分泌が不安定になるこの年代、化粧品の質はとても重要な判断基準になりますよね。でも高級なアンチエイジング化粧品を使っても、自己流に使うと効果が半減してしまう場合もあるのです。そこで敏感肌が気になる年齢肌にオススメの肌にいい化粧品の使い方についてご紹介したいと思います。 敏感肌

続きを読む

敏感肌がやってはいけないスキンケアの注意点

敏感肌のお手入れは化粧品の種類からスキンケア方法まで色々と慎重になってしまいますよね。しかし肌によいと思って続けていることも、逆に負担になっている場合もあるのです。年齢を重ねるごとに肌はどんどんデリケートになりますので、優しくスキンケアをすることが大切ですね。 では敏感肌の場合、どのようなことを避けるべきなのか、お手入れで注意したいポイントについて詳しく見てきたいと思います。 敏感

続きを読む

敏感肌のかゆみに注意!肌にいい化粧品で保湿をしよう

敏感肌の症状のひとつに「かゆみ」があります。肌にいい化粧品を使うことがまず大切なポイントになりますが、そもそもなぜ肌がかゆくなるのが原因と対策について見ていきたいと思います。かゆみはとても不快な症状で何をしてもストップしない時がありますよね。無意識に肌をかいてしまうこともあり、さらにダメージがかかる原因になります。では敏感肌のかゆみについて、どのようなことを注意すべきか早速見ていきましょう。

続きを読む

40代からのアンチエイジング成分!たるみ解消にいいのはどれ

たるみによいアンチエイジング成分は レチノール ビタミンC誘導体 セラミド 美容三大成分 以上4つの成分をご説明します。 コラーゲンの増加を助けるレチノール レチノールはビタミンAの種類のひとつで皮膚を健康に保ち、粘膜を強化する効果があります。レチノールは表皮の基底層に到着するとレチナールへ変わりその後レチノイン酸へと変化。レチノイン酸は肌のターンオー

続きを読む