アンチエイジング化粧品って敏感肌にも安全ですか。

敏感肌のアンチエイジングについて教えてください。よく販売されているアンチエイジング専用の化粧品って肌に刺激があるのですか?

アンチエイジング化粧品はメーカーによって配合成分が異なりますし、安全へのこだわりも違います。敏感肌は肌のバリア機能が弱いため、健康な肌よりも老化が早いですよね。だからこそ早めのアンチエイジングは欠かせません。刺激についてはそれぞれの商品で異なりますので、念のためトライアル化粧品で刺激があるかどうかテストするのが一番確実といえるでしょう。

もちろん化粧品によっては肌に刺激となる成分をたくさん配合しているタイプもありますので、口コミ評価を参考にすることも必要ですね。

敏感肌のアンチエイジング化粧品で知っておくべきこと

敏感肌のアンチエイジングは肌環境を改善しながら同時に老化症状のケアをしないといけません。効果ばかりを意識すると、肌に負担がかかり逆に老化が早まる可能性もありますよね。そこで敏感肌はどのようなアンチエイジングケアをするべきなのか、化粧品の選び方と使い方についてご説明したいと思います。

敏感肌にいいアンチエイジング化粧品とは

  • 無添加化粧品
  • 保湿成分
  • 季節に合わせて使い分ける
  • スキンケアのコツ

以上4つのポイントをご紹介しましょう。

刺激の強いアンチエイジング化粧品を選ばないためのコツ

アンチエイジングは効果や値段、配合成分などのトータル的な判断が大切です。シワやシミなど目立つ症状はできる早く改善したい悩み。なかには即効性をアピールする化粧品も多く、これらのタイプは刺激成分が多く使われている可能性がありますので敏感肌には不向きです。

また値段が安い化粧品は添加物を使い製造コストを安くする傾向がありますので、アンチエイジングの化粧品を選ぶ際は無添加化粧品を意識してくださいね。人工香料も肌に負担になるので無香料タイプがオススメです。

バリア機能を回復するために保湿が大切

敏感肌のアンチエイジングで一番大切なのは保湿です。バリア機能が弱い敏感肌は保湿力が弱く肌細胞の働きが不安定。紫外線や雑菌などの外部刺激から肌を守るには、バリア機能を回復させる保湿成分が欠かせません。

でも保湿成分なら何でもいいのか、というわけでもなく加齢とともに衰える吸水力を頭に入れ、浸透性の高い保湿成分を選んでくださいね。ビタミンC誘導体やナノ化成分など、効率的に肌に優しく年齢肌の奥からケアができる保湿化粧品を探しましょう。

乾燥しやすい季節と汗をかく季節の使いわけ

敏感肌は不安定で、とくに湿度や気温の変化に対応するのが苦手な特徴があります。季節の変わり目になると突然乾燥が激しくなったり、皮脂分泌が不安定になることもありますよね。このような肌の働きに合わせてアンチエイジングをするためには、肌の状態によって化粧品を使い分けることも大切です。

たとえば冬はしっかり保湿ができるクリームタイプをプラスする、夏は紫外線予防ができるUV対策をプラスするなど。化粧品の特徴を理解して季節ごとに不足するものを補うケアが大切ですよ。

敏感肌のアンチエイジングのコツについて

敏感肌のスキンケアは年齢を重ねた肌ほど慎重にならないといけません。肌にいい化粧品を使って毎日のスキンケアをするだけでなく、摩擦を加えないようにデリケートなお肌のお手入れを意識してください。

洗顔に始まり美容液やクリームを使うまで、何度も摩擦やパッティングが繰り返されていますよね。外部からの刺激は薬品だけでなく、このような力もバリア機能を低下させる原因になっています。スキンケアをする際はハンドプレスで抑え込むように保湿しましょう。また入浴中にパックやマスクなど、肌の状態が良いタイミングでのプラスケアもメリットになりますよ。

コメントは受け付けていません。