40代のコラーゲン不足を化粧品で改善する大切な決まりごと

40代は肌のコラーゲン不足が深刻になる年代で、皆さんアンチエイジングケアで必死になりはじめる頃でしょう。とくにコラーゲンは肌の老化と大きなつながりあり、ハリ不足やたるみの原因を招きます。

40代のコラーゲン不足を化粧品で改善するためにはどんな点を注意すべきなのか、いつまでも若い肌を維持する秘訣について見ていきたいと思います。シワやたるみは老け顔に見える最大の理由。化粧品でできるコラーゲン不足の解消方法についご説明します。

40代のコラーゲン不足を化粧品で改善するには

  • コラーゲン不足のサイン
  • コラーゲン配合のアンチエイジングコスメを使う
  • 浸透性の高い化粧品
  • マッサージ

以上4つの点を見ていきましょう。

コラーゲンが不足すると肌はどうなる?

40代の肌は朝起きた時の肌の弾力が少なく、30代との違いをはっきり感じるようになります。コラーゲンは20代後半から加齢により減少してしまいます。これは誰にでも起こることなので防ぎようがないのですが、ほかにも急激なダイエットや紫外線、栄養不足なども肌のコラーゲン不足を招く原因なのです。

40代になると同じ年齢でも見た目が全く違う人がいますよね。加齢だけでなくあらゆる要因によりコラーゲンの減り方が異なりますので、まずは年齢に合わせたスキンケアを正しく行うことが重要なのです。

コラーゲンが不足すると肌の弾力不足、ターンオーバーの乱れ、また体では血管の老化、髪の毛のパサつき、爪の栄養不足などにも影響がありますよ。

40代のコラーゲン不足はアンチエイジングで改善

40代のコラーゲン不足には化粧品でアンチエイジングをスタートしましょう。様々な化粧品でコラーゲンが配合されていますので、どれが40代のスキンケアに良いか、ぴったり合うものを見つけるのは難しいですよね。

ここで覚えておきたいのは40代の肌の働きについて。体の老化とともに40代の肌の細胞は劣化していますし、血液の流れが悪くなる人や、代謝量が低下することもあるでしょう。このような背景があるため、やみくもにコラーゲンを肌に補っても意味がありません。

例えばビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする働きがありますので、相乗効果がある美容成分を一緒に与えるなど、コラーゲンを生かす工夫がされた化粧品を選んでくださいね。

浸透性の高い化粧品で奥からしっかり補うこと

アンチエイジングだけでなく、一般的な化粧品でも使われているコラーゲン。40代からのコラーゲン不足は、化粧品で改善することがとてもメリットになりますが、ポイントは浸透性の高さにこだわる点です。

ナノサイズのコラーゲン、種類の違うコラーゲン配合など、年齢肌の働きに合ったコラーゲン入りの化粧品がオススメ。浸透性が悪い化粧品は肌の表面ですぐに成分が蒸発してしまい、角質層の奥まで届いていません。これでは肌の弾力やハリ回復には効果が期待できませんので、浸透性を確かめるためにはお試しセットなどを使ってチェックするとよいでしょう。

定期的なマッサージで肌の血行を改善しよう

40代のコラーゲン不足を化粧品で改善する時は、マッサージクリームもぜひプラスしてください。肌の硬化が目立ち始める40代は血行不良により化粧品の有効成分がしっかり行き届かなくなっています。マッサージは血液やリンパの流れを活性化し、肌の色も健康的にアップしますのでイキイキとした40代に見えるメリットもありますよ。

また表情筋の刺激になりますので、ほうれい線予防やフェイスラインの引き締めにも効果的。化粧水やクリームを補うだけでなく、ちょっと手間をかけたスキンケアを意識するといいですね。コラーゲン不足は年齢肌の美肌へアプローチするために大切な成分なので化粧品選びの参考にしてください。

コメントは受け付けていません。