50代のコラーゲン不足改善は化粧品にプラスするケアが大切

50代のコラーゲン不足は化粧品だけよりも、プラスケアが効果をもたらす秘訣。化粧品に含まれている色々なアンチエイジング成分を生かすためにも、肌の働きを活性化するような生活習慣が大切なのです。50代の肌の悩みといえばほうれい線やシワ、肌のくすみなど、はっきりと見てわかる老化症状がどんどん出てきますよね。とくに50代のコラーゲン不足は化粧品だけでは追いつかないこともありますので、どのようにすれば肌のハリや弾力回復ができるのかオススメの秘策をご紹介しましょう。

50代のコラーゲン不足は化粧品と何が必要?

  • 化粧品選びのポイント
  • コラーゲンのサプリ
  • 栄養バランス
  • 血行改善

以上4つのポイントをご説明します。

50代のコラーゲン不足を解消する化粧品選びの基礎

50代からの基礎化粧品はコラーゲンをはじめ、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸なども忘れてはいけません。これらの美肌成分を一緒にすることでさらにコラーゲンが活躍するため、単体でなく全体的に肌環境を整える成分配合を意識してください。

さらに肌のキメが悪くなる年齢なのでビタミンC誘導体やレチノール、アミノ酸などもプラスしたアンチエイジング化粧品がオススメ。50代になると肌のハリ不足はコラーゲンだけでなく色々な成分不足が要因となりますよ。必ず自分の肌に合った基礎化粧品で納得できるスキンケアをスタートしてくださいね。

コラーゲンのサプリで体にしっかり補給しよう

50代からのコラーゲン不足は化粧品の働きを最大限に生かすためにも、体の内側からプラスすることが大切。コラーゲンは鶏肉や豚肉などの食べ物に含まれていますが、食事だけでは肌に行き届くほどの摂取量がありません。

そこでオススメしたいのがコラーゲンのサプリメントです。粉末タイプのコラーゲンやドリンクタイプ、また美容サプリなどもありますので、体に安全な栄養補給ができるサプリをプラスすることも方法のひとつ。

肌の7割近くはコラーゲンでできているともいわれていますので、加齢とともに不足する分は化粧品とサプリの両方で補っていきましょう。

栄養バランスを整えて肌の細胞を活発にする

50代は多くの女性が不安に思う更年期が始まる年齢層です。女性ホルモンの分泌が減少することにより起こる様々な症状は、身体的、精神的など大変苦痛に感じる人も少なくありません。

女性ホルモンが減少すると肌の働きにももちろん影響があり、乾燥、老化が一気に進みたるみやシワなどが目立ってきますよね。栄養バランスを整えることはまず基本ですが、さらに肌に不足しがちな栄養素、例えば女性ホルモンを助ける大豆製品、肌細胞を作るたんぱく質、肌を整えるビタミン類などもしっかり摂取してください。

またバリア機能が低下するため、肌を強化するためには免疫力をつける乳酸菌や野菜、海藻などの食物繊維。そして抗酸化成分のビタミンEやポリフェノールもオススメです。

運動や入浴など血液の循環を活発にする習慣

50代のコラーゲン不足を化粧品で改善するためには、使用量に注意して気になる部分は重ねつけするなど、使い方にも意識してください。また化粧品の成分をしっかり角質層に浸透させるためには血液の流れが活発であるほどメリットになります。

入浴や定期的な運動で体の代謝を活性化することや、普段から体を冷やさないように注意するなど。このような生活習慣の改善意識が肌の弾力回復にもつながりますし、コラーゲン不足をもっと効率的にできる秘訣になります。

基本は50代からの化粧品選びが何よりも重要ポイントですが、効果をもっと感じたい時には食事、生活など肌によい生活習慣を意識してみましょう。

コメントは受け付けていません。