ほうれい線予防は何歳から始めるべき?

ほうれい線ははっきり溝ができてしまうと元に戻すのはほぼ不可能ですよね。できてしまったほうれい線を消すことよりも、今の現状維持もしくは悪化を防ぐこと、さらにできないように予防することが大切なのです。

ではほうれい線は何歳からケアを始めたら一番効果がでると思いますか。きっと多くの女性は、ある日ほうれい線の深い溝にハッとなり気が付いているのだと思います。アンチエイジング化粧品でアプローチするほうれい線対策、40代以降はメインとなる悩みの一つですが予防をするなら早めのスタートが効果的ですよ。

ほうれい線ができる原因について

ほうれい線ができる原因は加齢により表情筋が衰えることが影響していますが、肌の弾力成分になるコラーゲンやセラミドなどが不足することもほうれい線原因です。また紫外線によるダメージ、ホルモンバランス、ビタミンなどの栄養不足なども肌の老化を進める原因になりますので、ライフスタイルも考慮してスキンケアをすることが大切ですね。

ほうれい線は人によっては全然目立たないこともありますから、決して加齢だけが大きな理由ではありません。肌の乾燥や喫煙、睡眠不足など肌に悪い生活習慣は細胞を劣化させる原因になります。ほうれい線予防をするなら、フェイスラインがすっきりしなくなったころからマッサージやアンチエイジング化粧品を使ったお肌のお手入れを始めましょう。あらゆる要因を頭に入れてアプローチすることがよい解決策になりますよ。

ほうれい線の主な原因は以下の通り。

ほうれい線ができる主な原因

  • 乾燥肌
  • 喫煙
  • 紫外線
  • 栄養の偏り
  • 加齢
  • むくみ

何歳からほうれい線ができる?

ほうれい線は何歳から目立ち始めるのかというと、個人差があるため必ずしも皆さん同じ年代になるとは限りません。いつも表情を豊かにしている人は顔の筋肉が発達しているため、肌のハリがあり血行も活発です。逆にしかめっ面をして同じ表情の人や姿勢が悪く重力で頬が垂れてしまう習慣がある人は溝が深くなりやすいといえるでしょう。

ほうれい線は何歳から注意するべきなのか、一番よいタイミングは肌の老化がはじまる25歳以降。さらに肌に悪い生活習慣がある場合はほかの人よりもほうれい線ができやすくなりますので、年齢で判断するよりも肌環境をチェックしながらお手入れしましょう。

ほうれい線を予防をするタイミングは?

予防するタイミングはできるだけ早いほうがメリットになりますので、肌が乾燥しやすくなった時やハリ不足、くすみなどほうれい線とは関係ない症状が出てきたときはアンチエイジングを始めるタイミングになりますよ。

最初は無表情の時にはさほどわからないほうれい線、しかし徐々に表情を変えなくてもシワや影のように溝が深く目立ち始めます。顔全体が下方向にたるんでいるように見えると、老け顔に見られたり疲れた表情に見えることも。このような違いを感じ始めた時はすでに肌細胞の老化が進んでいるサインなのですぐにハリ回復のケアを始めましょう。

頬は顔の中心にありますので、少しのたるみでもとても存在がでやすいトラブルのひとつ、ほうれい線がはっきりとわかる年代になると同時に目尻やおでこのシワなども深くなってきますので、そうなる前に20代の頃から肌のハリケアはスタートしたほうが安心ですよ。

ほうれい線予防にオススメの基礎化粧品

ほうれい線は何歳からケアをするか、一番効果的なのは20代後半~30代前半です。40代以降になるとなかなか効果がでにくくなりますので、できればほうれい線がない時から予防をすることがよいでしょう。

その時に効果を発揮してくれるものがアンチエイジング化粧品で、肌の弾力回復やハリ成分を外側が補うことで若さを維持できます。オススメの化粧品はリフトアップ効果の高いタイプ、またはビタミン類などのアンチエイジング成分が配合されている化粧品、基礎化粧品で保湿を充実することがターンオーバーやエイジングケアにメリットになります。

ほうれい線ケアをするなら、まずはトライアルセットを使って肌チェックしてください。年齢肌が気になる時は肌全体が敏感になり化粧品との相性も限られてきます。満足するアンチエイジングは慎重な化粧品選びが最初のステップになりますよ。

コメントは受け付けていません。