20代のリフトアップ化粧品の使い方!意識しないといけない事とは?

リフトアップ化粧品を20代から使い始める際ですが、肌が若いためさほど効果を実感しない方もいるでしょう。ほうれい線や顔のたるみ、目尻のシワなどなんとなくフェイスラインが崩れはじめたらそれはリフトアップ化粧品を使い始めるサインかもしれませんね。では20代で始めるリフトアップ、どのような化粧品が良いか使い方など基礎情報についてご紹介します。

リフトアップ化粧品を20代が使う場合は

  • 肌年齢に合った化粧品を選ぶ
  • 刺激が弱い化粧品を使う
  • リフトアップによい食事をする
  • 20代のリフトアップ化粧品選びのコツ
  • 普段からできる美肌の習慣について

以上5つの点をご説明しましょう。

リフトアップ化粧は肌年齢に合ったものを選ぶこと

リフトアップ化粧品を20代が使用する場合ですが、この年代でたるみが気になるという人は少ないはずです。そのためとくにリフトアップを意識したスキンケアを行うよりも、現在の肌環境を安定させることが老化予防にもメリットになりますよ。

刺激の少ない化粧品、肌タイプにあわせた化粧品、年齢にあった化粧品などを選んでください。若い肌でも内側では老化が進行していますので、肌年齢を意識してその化粧品を定期的に見直すことも必要です。

そして化粧品はなるべく刺激を与えずにバリア機能を強化することが20代に大切なスキンケアポイント。外出して紫外線を浴びることが多い年齢なのでできるだけ低刺激を意識してくださいね。

肌年齢は見た目だけでなく肌に不足する成分を補うこともスキンケアの目的になります。将来ほうれい線が目立つ肌は嫌、という方は20代後半からのリフトアップを早めにスタートして肌のハリと弾力を維持しましょう。

リフトアップ化粧は刺激が弱い商品を使う

敏感肌や乾燥肌は年齢に関係なくおこりますので、20代の方は肌の状態次第ではでメイクも気を使いますよね。肌が若いから大丈夫、という油断は絶対に禁物。とくに20代後半は美肌成分が減少していきますので間違ったお手入れをしていると老化はどんどん進行してしまいますよ。

そこで意識したいのが肌に優しい化粧品選び。シワやシミなどの老化症状がさほど目立たない年齢層は、外部からの刺激を少しでも多くブロックすることが大切なのです。敏感肌とはどんな症状があるか以下のポイントをチェックしてくださいね。

敏感肌の特徴

  • 化粧品でヒリヒリする
  • 乾燥しやすい
  • ふきでものができやすい
  • かぶれやすい
  • 化粧品が合わない

肌のバリア機能は0.02㎜程度の厚さでラップぐらいの薄さしかありません。そのためちょっとした刺激で角質層にまでダメージが加わってしまうため、できるだけ低刺激の化粧品を使うことが必要なのです。

バリア機能を守るためには水分補給が基本になりますので、浸透性の良い化粧水そしてクリーム系の化粧品でしっかり水分をなかに閉じ込めておきましょう。肌の表面は表皮、真皮、皮下組織があります。3つの層を奥からしっかり保護するためには水分補給としてコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸入りの基礎化粧品がオススメですよ。

リフトアップによい食事をする

リフトアップ化粧品を使う20代はスキンケアだけでなく食生活にも注意して早めのアンチエイジングをスタートさせましょう。そこでオススメしたいのが「ローフード」。最近はスムージーや酵素などの健康食品が注目され、ダイエットや美容にも大変人気がありますよね。20代は代謝量も多いため食べても肥満にならないというメリットがありますが、30代に近づくにつれて食べ物は肌に与える影響も徐々に増えてきましますよ。

ローフードとは加熱していない食べ物で生食するもの。果物や生野菜などがローフードのメインで、これらの食べ物には酵素が多く含まれているのでリフトアップ化粧品を使う20代にはさらにメリットになるのです。酵素は胃腸機能を活発にし消化と吸収を活発にする働きがあり、肌に不足するビタミンやミネラルが届きやすくなりますよ。

また酵素は体内の活性酸素を抑える働きがあるので、肌細胞の老化予防にもぴったり。リフトアップ化粧品を使う20代なら普段の食生活のちょっとした心掛けでローフードを増やすことができますので、おやつの時間、朝食などを活用して美肌によい食生活をスタートしましょう。ローフードとしてオススメなのは以下のものがあります。

リフトアップにおすすめのローフード

  • ドライフルーツ
  • ローストしていない生のナッツ類
  • 加熱していない野菜や果物
  • 海藻
  • ヨーグルトや納豆などの発酵食品
  • ゴマなどのシード類
  • 加工していない食品
  • 48度以下で加熱された食べ物

20代のリフトアップ化粧品選びのコツ

リフトアップ化粧品を20代で使う場合、手当たりに次第に使っても効果が実感できない場合もあるでしょう。リフトアップ化粧品は肌のハリや弾力を回復させる目的があり、コラーゲンなどのハリ成分をはじめアンチエイジング成分や保湿成分などが含まれています。

20代の肌は生活習慣によって乱れやすい特徴がありますので、まずは美容成分が豊富なタイプがオススメ。徐々に減るコラーゲン、紫外線から肌を守るビタミンCなど自分の肌環境と相談して必要な成分を補ってください。

とくに化粧水は毎日使うものですから、有効成分次第でスキンケアの効果を発揮できるアイテム。水溶性のヒアルロン酸やコラーゲン以外では脂溶性のセラミドなどの保湿成分もプラスしてくださいね。

普段からできる美肌の習慣について

20代からリフトアップ化粧品を使うことは10年先の肌のためにとても大切です。さらにいつまでも20代の肌をキープするためには美肌習慣を意識してみませんか。20代の肌は若くて健康的、しかしちょっとした刺激や生活規則の変化により影響を受けやすいため、美肌ケアにも逆にメリットになる習慣をプラスしましょう。以下の重要ポイントを抑えて普段のお肌のお手入れを意識してくださいね。

スキンケア

メイク落とし、洗顔の基本を充実に行い保湿をすること。老化症状が目立つことはさほどないかもしれませんが、たるみやシミなど不安に感じる部分がある人は美容液などポイントケアで使えるアイテムをプラスしてもよいでしょう。

食生活

肌のためには栄養補給が欠かせませんが、20代は代謝が活発なので栄養バランスを整えて肌の若さを維持しましょう。暴飲暴食をしないこと、お酒の飲みすぎ、糖質や脂質の過剰摂取に注意してデトックス効果が高い食物繊維や水分補給をしっかり行ってくださいね。

アンチエイジングを早めにスタートしたい方は抗酸化作用の高いビタミンEなど食事から補給するか、美容ドリンクやサプリを使うのも方法ですよ。

生活習慣

20代の生活は不規則になる点がまず要注意ポイント。とくに睡眠不足は成長ホルモンの分泌が悪くなりますのでターンオーバーが低下してニキビやふきでもの、また肌荒れの回復が遅くなる理由にもなるため規則正しい生活習慣を送ることがとても大切ですよ。

また若い女性に増えている喫煙習慣もリンパの流れを悪くする原因になり、ビタミンCを破壊する原因なので禁煙の検討したほうがよいでしょう。

コメントは受け付けていません。